亀田三兄弟





漫画「亀田×DEATH NOTE」

亀田×DEATH NOTE その1
亀田×DEATH NOTE その2
亀田×明日のジョー



<亀田興毅の対戦相手>

1戦目 デンナロン・シスソバ(タイ) 戦績 0勝2敗  ○ 1回44秒KO
2戦目 プラカルン・ツインズジム(タイ) 戦績 0勝3敗  ○ 1回1分12秒KO
 ※日本ボクシングコミッション2005年度招聘禁止選手(八百長疑惑)

3戦目 サミン・ツインズジム(タイ)  戦績 0勝4敗  ○ 1回1分48秒KO
4戦目 ダオチャイ・KTジム(タイ) 戦績 0勝5敗  ○ 10回判定
 ※日本ボクシングコミッション2006年度招聘禁止選手(八百長疑惑)

5戦目 ノパデッチレック・チュワタナ(タイ) 戦績 0勝0敗  ○ 2回59秒KO
6戦目 ヨードゲン・シンワンチャー(タイ)  戦績 0勝4敗  ○ 1回2分10秒KO

7戦目 サマン・ソー・チャトロン(タイ) 戦績 46勝7敗1分  ○ 1回2分59秒KO
 ※チャトロンは35歳、3年前に1度引退。復帰後3連敗

8戦目 ワンミーチョック・シンワンチャー(タイ) 戦績 12勝2敗  ○ 3回50秒TKO
 ※亀田は防衛戦を一度もせずに王座返上。
  一部のライターや元プロからワンミーチョックの手数が明らかに少なかったと指摘される。

9戦目 ノエル・アランブラッド(ベネズエラ)戦績 21勝4敗1分1無効試合  ○ 7回TKO
 ※アランブラッドは元WBAミニマム級チャンピオンで亀田(フライ級)とは2階級差

10戦目 カルロス・ボウチャン(メキシコ)戦績 16勝12KO5敗  ○ 6回2分20秒KO
 ※ローブロー疑惑。試合終了後亀田親父がとんでもない剣幕で相手陣営に怒鳴り込む(ブック破りで切れた?)

11戦目 カルロス・ファハルド(ニカラグア)戦績 15勝10KO6敗1引  ○2回1分28秒TKO
 ※ファハルドの最終戦は2005年6月17日(1年近くのブランク有り)で、もともとミニマム〜Lフライ級の選手

12戦目 フアン・ランダエタ(ベネズエラ)戦績 24戦20勝3敗1分  ○ 12回判定
 ※元々最軽量のミニマムの選手で亀田とは実質2階級差。本来は05年の12月で引退予定だった選手。
  亀田は1Rにダウンを奪われ、11、12Rにはフラフラの状態だった。(ジャッジ買収、八百長疑惑)

13戦目 フアン・ランダエタ(ベネズエラ)戦績 24戦20勝4敗1分  ○ 12回判定
 ※試合延期原因の亀田の怪我は捏造疑惑

14戦目 エベラルド・モラレス(メキシコ)戦績 42戦28勝12敗2分  ○ 10回判定
 ※父史朗がレフェリー脅迫疑惑

15戦目 イルファン・オガー(インドネシア)戦績 22戦16勝2敗4分  ○ 8回TKO
 ※明らかに早いレフェリーストップ。ローブロー疑惑。オガーは一階級下のライトフライ級の選手。

16戦目 セサール・ロペス(アメリカ)戦績 24戦20勝4敗  ○ 10回判定

17戦目 レクソン・フローレス(フィリピン)戦績 25戦18勝3敗4分  ○ 10回判定

18戦目 マリノ・モンティエル(メキシコ)戦績 43戦30勝12敗1分  ○ 2回1分54秒KO
 ※モンティエルは本来バンタム級の選手で試合5日前にオファーをもらったため、当日に2.1kgの減量を行わされていた。
  モンティエルの亀田戦までの戦績は5連敗中であった。



亀田興毅の金的ブロー

亀田興毅vsカルロス・ボウチャン(動画)
動画の最初の方の1、2発と最後の1発は完全にローブローです。

ローブロー検証記事



世紀の八百長試合「亀田興毅vsF・ランダエタ」

BIGLOBE 8/2亀田タイトル戦アンケート

http://cgi.news.fs.biglobe.ne.jp/vote/no1055/vote_result.cgi


●現在の集計結果です(有効票数:10935票)。


フアン・ランダエタ 94.3%(10316票)
見ていないのでわからない 2.4%(259票)
亀田興毅 2.2%(246票)
甲乙つけがたかった 1.0%(114票)



ヤフー 8/2亀田タイトル戦アンケート
http://quizzes.yahoo.co.jp/quizresults.php?poll_id=3218&wv=1


亀田興毅が判定で世界タイトルを獲得。あなたの判定は?

2006年08月02日より 計220474票

亀田興毅の勝利 3% 6479 票
ファン・ランダエタの勝利 94% 205979 票
引き分け 4% 8016 票



[戻る]
inserted by FC2 system